全国の瀬戸さんお待ちしております

瀬戸の語源は「狭(せ)門(と)」で、相対する陸地が接近して、狭くなっている所を示すそうです。
瀬戸内海や愛知県の瀬戸市は有名ですが、苗字との因果関係は薄いようです。
長野県佐久市瀬戸付近を、派生の地とされていますが、全国には川の流域に瀬戸の地名を多く見かけます。
狭(せ)門(と)の語源を先に検証する必要性もありかなと???思いつつペンを進めます。
何か情報がありましたら、書き込んでください。お待ちしております。

2012年10月27日土曜日

パソコンとプリンター

パソコンとプリンターは切っても切れない関係と申しても、過言ではないでしょう。

必要ページをプリントアウトして出かけるとか、撮りためた写真のプリントで、当時の思い出に浸るとかいろいろです。

プリンター本体は価格競争で50%オフもあったりで、安くなっています。
しかし、そのインクはかなり高価で、写真のプリントともなれば、目に見えて減って行くのがわかります(モニターがついている場合)。
対策として安い社外品を使うことくらいは誰でも思いつきます。しかし問題は社外品インクを使った場合、メーカー修理拒否されるとのことです。
インクは化学製品の分類でしょうから、成分不明の物質が混合されたら、その化学変化は想像できないかもしれません。そんなこともあって、社外品の使用については修理否対応となるのでしょう。
プリンターは、通常の使い方でも、かなりの頻度で故障やエラーを発生します。
過去に起こったエラー
  • ヘッドクリーニングで解決できないインクの目詰まり=市販のクリーナーを使って解決しました。
  • キャノンのサービスエラー5100・エラー5100「プリンタートラブルが発生しました」=この場合キャリッジエラーというそうです。リンクサイトを参考に清掃を行った結果、無事復活しました。
社外部品を、薬事法?ではジェネリック医薬品の例もあります。高額で開発した医薬品を簡単に類似商品が占拠するようでは、新薬の開発意欲も薄れてしまいますので、特許等で保護されているのでしょう。

ブランドに囚われないなら、同等品の使用は経済的にも有効だと思います。
現在エレコムの詰め替えインクを使っています。インクメモリーリセッターも付いていますので、まったく問題なくカラーの遜色もなく満足しています。

但し失敗なのは故障の場合メーカー否対応ということです。
覚悟を決めてランニングコストを下げているのですから、已むを得ないと覚悟は決めています。
おそらく、ネットサーフィーんでどこかに対策が載っているでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿