全国の瀬戸さんお待ちしております

瀬戸の語源は「狭(せ)門(と)」で、相対する陸地が接近して、狭くなっている所を示すそうです。
瀬戸内海や愛知県の瀬戸市は有名ですが、苗字との因果関係は薄いようです。
長野県佐久市瀬戸付近を、派生の地とされていますが、全国には川の流域に瀬戸の地名を多く見かけます。
狭(せ)門(と)の語源を先に検証する必要性もありかなと???思いつつペンを進めます。
何か情報がありましたら、書き込んでください。お待ちしております。

2012年11月27日火曜日

森村 誠一(もりむら せいいち)氏

推理ドラマ(ミステリードラマ)の構成は、科学的な知識を用いたトリックが多く使われています。
  • 時間
  • 電話等の通信機器
  • 電車路線・車・船舶等の移動機関
等を利用したトリックが、多く使われます。
それは、司法制度や基本的人権の尊重がある程度確立した社会が成立して居る中で起きることなので、当然のごとく
の、日常では必要の無い言葉が使われている。
列車の時刻表をトリックに使った、ミステリーは多くの作家が使っています。
最近では「交換殺人」なる手法で、事件に対する
  • 動機
  • アリバイ
をわかりにくくする作品も多く見られます。

犯罪事実を間接的に推測させる状況証拠だけでは、犯人の逮捕(警察や検察以外の私人でもできる)は難しく逮捕状の請求もできない。
それは、誤認逮捕の汚名を避けるためであろうが、人権の尊重上当然とも言えるでしょう。

森村誠一のサスペンスは、ドラマを見ながら展開を推理するところも楽しみの一つです。

ホテル勤務の経験を生かしての殺人事件や、趣味の登山シーンを取り入れた作品は、作品の累計発行部数は1億部超に直結しているとも言えるでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿