全国の瀬戸さんお待ちしております

瀬戸の語源は「狭(せ)門(と)」で、相対する陸地が接近して、狭くなっている所を示すそうです。
瀬戸内海や愛知県の瀬戸市は有名ですが、苗字との因果関係は薄いようです。
長野県佐久市瀬戸付近を、派生の地とされていますが、全国には川の流域に瀬戸の地名を多く見かけます。
狭(せ)門(と)の語源を先に検証する必要性もありかなと???思いつつペンを進めます。
何か情報がありましたら、書き込んでください。お待ちしております。

2013年1月23日水曜日

でた!麻生太郎副総理兼財務相の失言

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.5 一般 ライセンスの下に提供されています。

「いいかげん死にたいと思っても『生きられますから』なんて生かされたんじゃ、かなわない。しかも政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うとますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」と21日の社会保障制度改革国民会議で発言、心配されていたの【失言】が発生した。
--------ニッカンスポーツ・コム------
さっさと死ねるようにしてもらわないと」と述べた。発言について、麻生氏は午後「公の場で発言したことは、適当でない面もあったと考える。当該部分については撤回する」とのコメントを発表。「個人的なことを言った。終末医療のあるべき姿について意見を言ったのではない」と記者団に釈明した。
麻生氏は国民会議で「残存生命期間が何カ月かと、それにかける金が月に一千何百万円だという現実を、厚生労働省も一番よく知っているはずだ」とし、財政負担が重い現状を指摘した。患者を「チューブの人間」と表現し「私は少なくとも遺書を書いて、そういうことをしてもらう必要はない、さっさと死ぬからと書いて渡しているが、そういうことができないと死ねません」と語った。
菅義偉官房長官は記者会見で、麻生氏に電話したところ「個人の人生観を国民会議で発言し、誤解を受けてしまった。大変申し訳ない」と言われたと説明した。
--------ニッカンスポーツ・コム------
 
個人の人生観としては支持しますが、公人が公の場で発言してよいことと、悪いことの区別の出来ない事に問題がると思います。個人的な見解で有れば、【私は少なくとも遺書を書いて】税負担を減らすようにしたい、という心でしょうから、大賛成です。

株式会社麻生 の株主であり、グループ内には医療機関もあるので、この発想になるのか、あるいは内部でそのような発想が有るのかわかりませんが、副総理としての立場上の発言は誠に不適切だと思います。

麻生 太郎(あそう たろう
挙げればきりがないほどの経歴実績を持つ氏が、何故失言に至るのか疑問でならない。

「口をへの字にして・・・・・」等と表現する【揶揄おばさん】とは全く違う次元に生きる氏には、もっと襟を正して毅然とした態度で国政に取り組んでほしいものです。



0 件のコメント:

コメントを投稿